眼に不安を感じたらお気軽にご相談下さい

王眼科からのお知らせ

手術について手術当日のながれ手術の申込から術後のながれ

手術当日の流れ

1.1Fにて受付の後、血圧測定・眼圧測定・散瞳(さんどう)
  (目薬を入れてひとみを開きます)
  ひとみを開くのに1時間ほどかかります。

             ↓↓↓

2.3F手術室にて更衣・点眼麻酔・洗眼・点滴など、手術の準備をします。

             ↓↓↓

3.手術を始めます。通常10分から15分ですが方法によって異なります。
  その日は眼帯をつけて帰ります。

             ↓↓↓

4.着替えをすませて1Fへ・・・。
  安静のあと、血圧測定をし、
  異常がなければその日の注意と飲み薬の説明をさせていただきます。

手術にはどのような方法があるの?

 

白内障手術の基本は、濁った水晶体を取り出し、人工の眼内レンズを挿入することです。

いくつかの手術方法がありますが、現時点でもっとも行われているのが “超音波水晶体摘出手術”です。これは水晶体の中央にある核という硬い部分を、超音波で細かく砕いて吸い出す手術です。

また、眼内レンズは日常手入れを必要とせず、濁った水晶体と入れ替えることができます。

日帰りで手術ができます!!

 

超音波水晶体摘出術の進歩によって、白内障の手術がより安全なものとなり、日帰り手術が急速に普及しています。角膜小切開法などの手術手技の進歩・点眼麻酔・眼内レンズの改良などによってさらに安全な手術となり、今後さらに普及すると考えられています。

ただし、心臓病・呼吸器疾患・糖尿病をはじめとする全身疾患を伴う患者さんは、内科医との連携が必要です。


手術について手術当日のながれ手術の申込から術後のながれ

患者さまへ

初めて診察を受けられる方へ