眼に不安を感じたらお気軽にご相談下さい

王眼科からのお知らせ

手術について手術当日のながれ手術の申込から術後のながれ

白内障の治療

白内障の進行を少しでも遅らせるために、点眼薬や内服薬が処方されていますが、残念ながら、今日までに白内障を治す薬は開発されておりません。したがって、治療としては手術が必要となります。症状が進行し、日常生活や仕事に不自由を感じる方には、手術による治療をお勧めします。

※ただし、心臓病・呼吸器疾患・糖尿病をはじめとする全身疾患を伴う方は、内科医との連携が必要です。

白内障の手術

白内障の手術の基本は、濁った水晶体を取り出し、人工眼内レンズを挿入することです。いくつかの手術方法がありますが、現時点でもっとも行われているのが“超音波水晶体摘出手術”です。これは、水晶体の中央にある核という硬い部分を超音波で細かく砕いて吸い出す手術です。また、眼内レンズは日常の手入れを必要とせず、濁った水晶体を入れ替える事ができます。

※水晶体の硬さや濁りかた、眼の状態や年齢によっては、手術方法が変わることもあります。

白内障手術はどのようにおこなわれるか

麻酔は点眼とテノン麻酔のみで、痛みはほとんどありません。
手術時間も、通常10分~15分で終了します。

手術について手術当日のながれ手術の申込から術後のながれ

患者さまへ

初めて診察を受けられる方へ